サッカーワールドカップ(W杯)出場国紹介!【ブラジル】

      2018/09/21

いよいよあと4ヶ月後に迫ったサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会!

今から国の威信をかけた熱い戦いが待ち遠しいですよね。

そこで今回は優勝候補の一角であるサッカー王国・ブラジルを紹介します!

サッカーワールドカップ(W杯)出場国・ブラジルとは?

引用:https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?214634-214634-fl

サッカー強豪国といえば、多くの人が一番に思い浮かぶのがやはりブラジルではないでしょうか。

ブラジル本国のリーグはもちろんのことヨーロッパや南米、アジアと世界各国のリーグで多くのブラジル人選手が活躍していますよね。

ブラジル人にとってサッカーとはスポーツという枠を超え、もはや生活の一部であり文化となっています。

『セレソン』の愛称で世界中から親しまれているサッカーブラジル代表について知っておきたい事をここではまとめました。

ブラジルはW杯最多出場国

ブラジルはサッカーワールドカップは初めて開催された第1回大会(ウルグアイ大会)から参加している数少ない国の1つです。

今年、開催される第1回大会の1930ウルグアイ大会から2018ロシア大会までの21大会全てに出場している唯一の国となっております。

まだ1度も予選で敗退した事がないのです。

ですので出場回数ももちろん最多の21大会連続21回を誇ります。

ブラジル国民、そして世界中のサッカーファンにとって、ブラジルのいないワールドカップは考えられないものとなっていますね。

ブラジルはW杯最多優勝国

ワールドカップ最多出場を誇るブラジルですが、優勝回数も最多の8回。

21 回出場して8回の優勝ですから3大会に1回以上のペースで優勝していることになりますね。

ただ、ここ3大会は優勝を逃しています。

前回の母国で開催された2014ブラジル大会でもベスト4に終わっています。

準決勝のドイツ戦での惨敗は世界中が驚いた事でしょう。

ですので、今大会にかける意気込みは相当なものだと思います。

ブラジルはFIFAランキング現在2位

そんなブラジルの気になるFIFA ランキングですが現在2位。( 2018年1月現在)
1位は前回優勝国であるドイツですので今大会優勝し、FIFAランキングが1位になる事が期待されますね。

サッカーワールドカップ(W杯)出場国・ブラジルの対戦国や日程とは?

ここではブラジルと対戦する国や日程を紹介していきます。

昨年末、行われたサッカーワールドカップ・ロシア大会の抽選会でブラジルはグループEに振り分けられました。

同じグループにはスイス、コスタリカ、セルビアがいます。

気になる対戦国のFIFAランキングですがスイス=8位、コスタリカ=27位、セルビア=37位。

当然ですが同じグループの全ての国がブラジルより格下となります。

順当に行けばほぼ確実にブラジルは決勝トーナメントに駒を進める事でしょう。

第1戦は6/18・スイス戦

引用:https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?214626-214626-fl

初戦は6/18のロストフナドヌーで行われるスイス戦。

キックオフは日本時間の3:00。

スイスはグループEでブラジルに次ぐFIFAランキング8位ですので、ブラジルにとってグループリーグ最強の敵となるでしょう。

初戦が最も大事とされるワールドカップのグループリーグ。

過去大会を見ても、グループリーグ初戦で負ければ9割以上の確率で敗退するというデータが出ています。

スイスにとっては敗戦だけは避けたいところ。

この試合の見どころは、恐らくガチガチに引いてくるスイス相手にどうゴールをこじ開けられることができるのか?

逆に、ブラジルにとっても敗戦は避けたいのは同じ。

序盤でいかに先制点を奪うかが勝負の鍵となってくるのではと予想します。

第2戦は6/22・コスタリカ戦

引用:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?140037-140037-fl

2戦目は6/22にサンクトペテルブルグで行われるコスタリカ戦。

キックオフは日本時間の21:00。

前回の2014ブラジル大会でイタリア、イングランド、ウルグアイと同組で、『死の組』と言われていたグループを首位通過。

続く決勝トーナメント第1戦のギリシャ戦にも勝ち、ベスト8まで勝ち進むなど大躍進した北中米の強豪国です。

ただコスタリカにとってブラジルとの相性は非常に悪く、これまで10戦行ってブラジルの9勝1分け。

つまりブラジルはこれまで1度もコスタリカに敗れたことはありません。

ワールドカップの成績だけを見てもブラジルが2戦2勝。

コスタリカにとってブラジルから初勝利を挙げることができるのか注目ですね。

第3戦は6/28・セルビア戦

引用:https://www.soccer-king.jp/team/article/668666.html

第3戦目は6/28にモスクワで行われるセルビア戦。

キックオフは日本時間の3:00。

かつてはモンテネグロと同国で、セルビア・モンテネグロとしてサッカーの国際舞台で戦っていたセルビア。

2006年にモンテネグロが独立した為、セルビアとなりました。

ワールドカップの出場はモンテネグロと分離してから初めての出場となった2010年南アフリカ大会以来、2大会ぶりの出場です。

ブラジルとの対戦はここまでブラジルの1勝0負。

過去にブラジルとは1度しか対戦がなく、この試合は親善試合であった為、ワールドカップでは初めての対戦となります。

FIFAランキング的にセルビアはグループ最弱の相手とはなりますが、世界で最も厳しいとされるヨーロッパ予選はグループ1位で通過してきますので、決して侮れる相手ではありませんね。

サッカーワールドカップ(W杯)出場国・ブラジルの注目選手とは?

ここではサッカーワールドカップ・ロシア大会に出場するブラジルの注目選手を紹介します!

世界中にワールドクラスな選手が多くいるブラジルの中でも特に注目すべき選手をピックアップしました。

注目選手その①ネイマール

ご存知、世界最強フットボーラーの1人であるネイマール。

昨夏にスペイン・リーガエスパニョーラ所属のFCバルセロナからフランス・リーグアン所属のパリ・サンジェルマンに史上最高額の移籍金2億2000万ユーロ(日本円にして約290億円)で電撃移籍したことは記憶に新しいですよね。

サッカー選手としての凄さを表す指標の1つである市場価値。

ネイマールはその市場価値でおいて、かつてFCバルセロナでチームメイトだったリオネル・メッシを抜き、現在世界1位と言われています。

そんな現在、最も乗りに乗っているネイマール。

リーグ戦でも好調を維持し、現在17試合の出場で18ゴールと1試合に1得点以上のペースでゴールを量産しています。

前回の母国開催では準々決勝のコロンビア戦で相手DFだったファン・スニガとの接触プレイで大怪我を負って大会から姿を消したネイマール。

その後、ブラジルは準決勝でドイツに歴史的大惨敗。

ネイマールにとってはこれ以上ないほど不本意な形での敗戦だっただけに今大会での雪辱が期待されています。

注目選手その②コウチーニョ

次に紹介するのがネイマールと同じ25歳のコウチーニョ。

ネイマールとはアンダー世代からセレソンでともにプレイする盟友です。

コウチーニョといえば、今冬の移籍期間でイングランド・プレミアリーグ所属のリヴァプールFCからネイマールがかつてネイマールも所属したスペイン・リーガエスパニョーラ所属のFCバルセロナにクラブ史上最高額となる1億6000万ユーロ(日本円にして約218億円)で移籍したことが話題になりました。

今、最もサッカー界において市場価値があるとされるネイマールとコウチーニョ。

この2人がセレソンでどんなプレイを魅せるのか?

全世界が注目しているでしょう。

サッカーワールドカップ(W杯)・ロシア大会のブラジルに注目!

ここまで、4ヶ月後に迫ったサッカーワールドカップ(W杯)・ロシア大会に出場するブラジルについてまとめてきました。

ここ3大会は優勝から遠ざかっているサッカー王国・ブラジル。

前回の歴史的大惨敗から4年。

雪辱に燃えたサッカーブラジル代表・セレソンに注目ですね。

[cc id=126]

 - スポーツ