二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ

二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ
1925年(大正14年)10月27日静岡県天竜市(現・浜松市)生まれ。7歳で地元の料理屋に奉公に出て、その後東京で修業する。1951年に鮨職人となり、1965年に独立して、東京・銀座に鮨店「すきやばし次郎」を開く。江戸前鮨の伝統を受け継ぎながらも、常に革新的な鮨を目指していることが評価され、1994年にはヘラルド・トリビューン・インターナショナル誌で世界のレストラン第6位に選出され、2005年には厚生労働省の「現代の名工」として表彰される。2007年には「ミシュランガイド東京」で三つ星に選出され、その後6年連続三つ星を受ける。87歳の現在でも鮨を握り、世界で最も高齢の「三つ星」料理人としてギネス認定も受けている。2011年にはスペイン・バレンシア州政府より「お米を使った優れた料理人」で表彰される。

二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ
1959年(昭和34年)7月31日東京生まれ。高校卒業後、日本料理店で修業する。その後、1983年に「すきやばし次郎」に入り、父・二郎を師匠として彼の下で鮨職人としての修業に励む。2009年にはスペイン・サンセバスチャンの世界料理大会で講演・実演するなど、海外から高い評価を得ている。2011年にはスペイン・バレンシア州政府より「お米を使った優れた料理人」で父とともに表彰される。現在は「すきやばし次郎」本店の店主として、師匠であり父である小野二郎をサポートしながら店を切り盛りしている。

二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ
1961年(昭和36年)6月13日東京生まれ。高校卒業後、「すきやばし次郎」本店、日本橋店の2店で23年間、修業をする。その後、2003年に独立。六本木にて「すきやばし次郎」六本木店をオープンし、現在に至る。「ミシュランガイド東京」で二つ星に選出されている。 

二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ

二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ
1983年10月16日アメリカ・ニューヨーク生まれ。父親はメトロポリタン・オペラの総帥であるピーター・ゲルブ。南カリフォルニア大学映画制作課程を卒業後、音楽ビデオ、短編映画とドキュメンタリーに取り組んだ。特に『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・ メイレレス監督作『ブラインドネス』の製作の裏側を追ったTVドキュメンタリー「A Vision of Blindness」をフランシスコ・メイレレスと共同で監督して高い評価を受けた。今回の映画『二郎は鮨の夢を見る』が初めての長編映画監督作品になる。子どもの頃から鮨に慣れ親しみ熱狂的なファンだったことから本作の制作を決心し、製作、監督、撮影を担当している。

二郎は鮨の夢を見る | キャスト・スタッフ
カリフォルニア州サンフランシスコ湾で育ち、ロサンゼルスに移り南カリフォルニア大学付属映画芸術学校を卒業。在学中から音楽ビデオの編集に携わり、大手レコードのレーベルで音楽アーティストのマネージャーを経験する。グラミー賞アーティストのファレル・ウィリアムズの音楽ビデオで演出と編集を手掛け、そのほかにもザ・ウィローズやザ・テディベアーズなど数多くのアーティストを担当。またコカ・コーラなどの企業CMや公共サービスの短編映像、NBCの報道スペシャル・シリーズなどの編集を手掛けるなど、幅広い活躍をしている。現在はダークコミックをベースにしたSFの脚本を執筆中。